CONTINEWM(R)

おすすめコラム

夏の節電方法

夏の節電対策と言えば…

クールビズ(夏)で環境省が推奨する室内温度は「28℃」。
暑いからと言って設定温度を1℃下げるのではなく、エアコンを効率よく使う為に出来る事がないか考えてみました。
「今日から出来る家庭用エアコン~夏の節電~」をご紹介致します。

「設定温度28℃」というのは28℃の風が吹き出し口から出てくる訳ではありません。
もちろん冬と夏で違いますよね。
設定温度とは「部屋の温度を28℃にして」という指示なのです。
例として、夏30℃の室温の時に設定温度が28℃だとすると、設定温度に達するまで冷気を出し続けます。

実際に出ている風の温度は吸い込んだ空気温度の-10~-15℃くらい、暖房の場合は+20℃くらいの風が出ています。

エアコンは電源を入れた直後に多くの電力を消費するので、一番電気代がかかるのが「設定温度にするまでの間」と言われています。
それではご自宅で出来る節電方法について見てみましょう。

帰宅したら部屋の換気。

すぐにエアコンのスイッチを入れるのではなく、まずは換気を!
窓を開けて熱気を部屋の外に逃がしてからエアコンを入れることで無駄な電力を使わず効率的に部屋を冷やすことが出来ます。


対角線上にある窓を開けるとさらに効率的♪

風で体感温度を下げる。

人は風がある状態で体感温度が下がるので、エアコンの設定温度を下げるより風量を強くする方が、電気代が少なくなりオススメです。


部屋が暑いから、と設定温度を下げるのではなく、サーキュレーターや扇風機を併用すると部屋の空気を循環させエアコンの効果を補助してくれる為、はやく設定温度に達します。

フィルターはこまめな掃除を。

フィルターが目詰まりすると、吸い込む量が少なくなり部屋を冷やす力が小さくなる為、部屋を冷やすのに多くの電力が必要になります。
2週間に1度、定期的にフィルターの掃除をしましょう。
ほこりを掃除機で吸い取るか水洗いをするのが理想です。
※フィルターの奥にあるフィン(熱交換機)を掃除する事も効果的です。


環境省によると2週間に1回フィルターを掃除する事で冷房は4%、暖房は6%消費電力が削減されることがわかりました。

風量は自動設定に。

省エネを気にして温度調節をしたり、電源のON/OFFをする方もおられますが、自動運転にするのがオススメです。
部屋が冷えるまでは強風で、その後は微風に切り替えという具合に、最も効率よく快適に冷えるよう風量調整を行ってくれます。
ご自身で温度調節を行うと、急に部屋を冷やす運転が多くなるので、電気代が余分にかかってしまいます。


自動運転で暑く感じた際は、温度設定を下げずに風の向きを自分の方に向けるか風量を強くする事を試してください。
エアコンの風の向きを調整する事で温度のムラを解消する事が出来ます。
温度を下げるより余分な電力を使わない為、節電に繋がります。

室外機の設置場所、周囲を点検。

室外機はエアコンの運転中、部屋の中の熱を部屋の外に捨てる際に多くの電力を使用します。
室外機が直射日光や地面からの照り返しにさらされると、その付近はとても高い温度になってしまうため、熱を捨てる効率が低下し、電力を余分に消費してしまう為、日陰に設置したり、すだれを立てかけたりすることで日陰を作ってあげる事も節電に繋がります。
※室外機を板で囲ったり、すだれを立てかける際は吹き出し口を塞いでしまわないようにご注意下さい。


よくすだれを立てかけてるご家庭を見かけるのは、暑さ対策、節電対策をされているんですね。

太陽熱の遮断をする。

家全体で出来る節電対策として、効率よく部屋を冷やす為に、白色のカーテンやブラインドで日差しを遮ると、部屋の温度が上昇する事を防ぐことが出来ます。
窓ガラスに遮熱フィルムを貼るのも効果的。

また、窓の外からの日差しを遮断する方法としてツルのある植物で作った緑のカーテンやすだれを立てかけるのも◎。

オススメはゴーヤですね。
葉が大きく薄いので、日光をしっかり遮り風を通します。
それだけでなく夏の間に何度も収穫を楽しめるのも嬉しいポイント♪


育てる際は出来るだけ大きな場所で育てる事。
根っこが広がって生長した分だけ、つるを伸ばしカーテンを幅広に生長させるので、高さのある余裕を持った大きなプランターを用意するか直植えで育てて下さいね。
しっかり日光をあてる、肥料切れさせない、水やりをする、など基本的な事も忘れずに!!

さいごに

いかがでしたでしょうか?
節電対策として実際に取り入れられている方法もたくさんあったのではないでしょうか?

夏に設定温度を1℃上げると消費電力が約10%削減されることがわかりました。
エアコンを正しく使ってご家庭でも手軽に節電をしましょう!!

地球温暖化防止、CO2削減のためにもご家庭で出来る節電を。

ご紹介した節電対策はもうすでにやっている!
もっと電気代を下げたい!という方にオススメ


約20%節電だけでなくCO2削減にも繋がります。

静電気を除去し、エアコンの熱交換効率が良くなることですばやく設定温度に達します。
さらに空気の分子がクラスター化され、運動エネルギーが活発に。
部屋の温度が均一化され、部屋の上部が暑くて、足元が寒い。
顔だけ火照っている、という事がなくなります。

ご自宅の節電でお悩みの方にオススメです。