CONTINEWM(R)

おすすめコラム

冬の節電方法

冬こそしっかり節電を

エアコンの電気代は、外気温との差が大きい時ほど上がります。
夏、外気温が35℃の時、エアコンの設定温度が28℃だとすると差は7℃です。

それに対して冬、外気温が0℃の時、エアコンの設定温度が20℃だとすると差はなんと20℃!

実際に外気温が氷点下になる事も多いですので差が20℃以上の事もあると思います。
温度差が大きいと設定温度に達するまでコンプレッサーが動き続けている為、たくさんの電力を使います。
温度差で見るだけで、冬の方が夏よりエアコンが動いている事が分かります。
ですので電気代が多くかかってしまう冬こそ、しっかりと節電をするのが効果的です。

また、冬に「暖房をつけているのに足元が寒い」という経験、みなさんもありますよね。
特に女性の方は感じやすいのではないでしょうか?

空気の性質として冷たい空気は下に溜まり、暖かい空気は上に溜まる、と言われています。
そのことを踏まえた上でサーキュレーターや空気清浄機の風を使って温度ムラを解消し、暖房の効率を高めて節電をして頂ければ、と思います。

ウォームビズ(冬)で環境省が推奨する室内温度は「20℃」
今回は「今日から出来る家庭用エアコン~冬の節電~」という事でいくつかご紹介致します。

部屋が寒くならない工夫を

昼間の太陽熱は部屋に取り込み、部屋を暖かくしておき、夜は厚手のカーテンや遮熱シートなどを活用。
室内に取り込んだ「熱」が外に逃げないように工夫する。
カーテンも天井から床いっぱいまでたっぷり垂らすと保温効果が高まります。

温度を上げずにエアコンの使い方の工夫を

こまめにスイッチを入切する事が電気のムダ使いになる場合があります。
部屋にいる時はエアコンのスイッチを入切するのではなく、温度調節機能に任せるのがオススメです。

温度だけでなく湿度でも調整を

設定温度は1℃下げると約10%の節電になると言われているくらい大きく関わっています。
環境省が推奨する暖房時の設定温度20℃を目安にし、寒く感じた場合は厚着をする、首、手首、足首を保温するなども効果的。

また、快適と感じる環境は温度と湿度のバランスで決まります。
設定温度を高くしなくても湿度を高くする事で体感温度を上げて温かく感じる事が出来ます。
ですが高すぎると、カビや結露の原因となります。
人にも住まいにもちょうどいい湿度は40~60%を保つように心がける事がオススメです。
洗濯物を部屋干しして加湿器の代わりにする、というのもひとつの方法です。
湿度計でちょうどいいバランスになるようにご注意を。

定期的にフィルターを掃除

フィルターが目詰まりすると、吸い込む量が少なくなり部屋を冷やす力が小さくなる為、部屋を冷やすのに多くの電力が必要になります。
2週間に1度、ほこりを掃除機で吸い取るか水洗いをするのが理想です。
※フィルターの奥にあるフィン(熱交換機)を掃除する事も効果的です。


環境省によると2週間に1回フィルターを掃除する事で冷房は4%、暖房は6%消費電力が削減されることがわかりました。

室外機も対策を

暖房の効率を落とさない為に、室外機の前に物を置かないようにする。
エアコンはヒートポンプという仕組みで空気の中にある熱を利用して部屋の中を温めます。
室外機から外の空気を吸い込んで、空気の中に存在する「熱」を取り込みます。
取り込んだ熱で温めた空気を室外機から外に吐き出す事で部屋を暖かくしています。


室外機の吹き出し口付近に物を置いたり、カバーなどで覆ってふさいでしまうと、室外機から出た冷たい空気が、室外機の後ろに回り込んでしまいます。
そうすると室外機がこの冷たい空気を吸い込むことになるため、暖房の効率が落ちてしまいます。

たくさん降る地域では、防雪フードや防雪ネットを活用し雪対策をすることが大事です。

さいごに

冬の節電対策としていくつかご紹介させて頂きましたがご家庭でもうすでにされている対策はありましたか?

冬の大きな悩みとしてあるのが「結露」だと思うのですが、結露はそのまま放置しているとカビなどが発生して建物を傷めてしまうのです。
結露を防ぐには、水分を含んだ空気を部屋の外に追い出すこと、部屋の空気を換気する事が有効です。
換気を行うと外から冷たい空気が入ってくる為、暖房の効率が下がってしまいます。

暖房の効率を下げずに結露を防止するためには換気の仕方を工夫する事が大切です。
まず、消費電力がごくわずかなトイレやお風呂の換気扇を常に回しておくのがオススメ。
また、結露がしやすい窓は水分を含んだ空気がたまらないように扇風機などで空気を動かすことも効果的です。

温度の設定だけでなくこうした少しの工夫でエアコンの効率が良くなり、さらに節電対策も出来るというわけなんですね。

地球温暖化防止、CO2削減のためにもご家庭で出来る節電を。

ご紹介した節電対策はもうすでにやっている!
もっと電気代を下げたい!という方にオススメ


約20%節電だけでなくCO2削減にも繋がります。

静電気を除去し、エアコンの熱交換効率が良くなることですばやく設定温度に達します。
さらに空気の分子がクラスター化され、運動エネルギーが活発に。
部屋の温度が均一化され、部屋の上部が暑くて、足元が寒い。
顔だけ火照っている、という事がなくなります。

冒頭でもお話しましたが、冬こそ電気代が多くかかります。
ご自宅の節電でお悩みの方にオススメすぐに取り入れられる節電アイテムです。

お悩みの方は、ぜひお試しください!
吹き出し温度の変化ですぐに体感して頂けます。